最近では従来のスーパーやコンビニに加え、最近では大容量の食料を纏めて買える倉庫型スーパーも登場しており、購入手段は多様化しつつあります。また、このコロナ禍では新形態のサービスとして”テイクアウト”が注目を集めています。

また近年では、新形態のネットスーパーも身近な存在となりつつあります。世界IT大手のアマゾンがネットスーパー事業の先頭に立つなか、西友やライフなどの大手スーパーにもネットスーパーに参入する動きが出てきています。

買い物上手になるために

このように、食料品のお店は日々進化しています。これらを上手に利用するには、最新の情報をキャッチする必要があります。