テイクアウトといえば、店に並んでその場でピックアップするか、あるいはドライブスルーなどの手段を利用するかぐらいしかありませんでしたが、今ではかなり手段が多様化しています。特に、UberEatsなどのサービスの普及が急速に進んでおり、テイクアウトの新しい形を築いています。

小規模事業者も参入可能に

UberEatsなどのサービスのおかげで、テイクアウトに消極的であった食料品店や小規模店舗もテイクアウトサービスに参入できるようになりました。これは、サービスのおかげで参入コストが大幅に削減されたためです。

新しいワークスタイルを確立

配達員という新たな働き方も生み出されました。極めて柔軟に働ける、副業としての相性が抜群、トレーニングにもなるなど、メリットが多いことが特徴です。