スーパーマーケットにはいくつかタイプがあります。以下でメジャーなものをいくつかみてみましょう。

都市型スーパー

都市型スーパーは、雑居ビルの一階などに店を構えるタイプのスーパーで、店舗面積はコンビニよりもすこし広い程度のスペースです。ニーズに合わせて、早朝から深夜まで営業していることが多いです。

郊外型スーパー

郊外型のスーパーは、駐車場を備えた膨大な敷地面積が特徴です。車や自転車で行くことを前提としているため、駅近などといった都市型スーパーで重視される要素はほとんど無視されます。

併設型スーパー

ホームセンターや大型ショッピングモールなどにスーパーが併設されていることもよくあります。買い物のついでに利用する客を獲得でき、非常に優れた店舗形態です。