昭和の時代であれば、食料品を買う手段はかなり限られていました。近所の商店や商店街の魚屋、肉屋、八百屋を歩いて回り、食料品を買いそろえなければなりませんでした。

スーパーマーケットの登場

そんな時代に登場したのが、スーパーマーケットです。スーパーマーケットは、肉、魚、野菜、調味料やその他もろもろまで、そこに行くだけですべて買いそろえることができます。これは当時としては非常に画期的なことであり、主婦(主夫)の労力が大幅に削減されました。

ITの導入

時代はさらに進み現代になると、ITの導入が積極的に行われるようになりました。人件費削減に役立つセルフレジ、スマホひとつで注文から配送までおこなってくれるネットスーパーなど、テクノロジーの力を駆使したシステムが導入されつつあります。